【女性活躍社員に聞く】~人を大切にする社風が昔から変わらない “えがおらしさ”~

みなさまこんにちは。

前回に続きまして、えがおで活躍する女性社員をご紹介していきます!
今回は、コールセンター所属の桑野のインタビュー内容をご覧ください。

桑野桃
ご当地ショップ運営部 SV
2006年入社
入社1年目で店長。産休復帰後はアシスタント業務行い、約6年前から店長職に就き、その後SVへ昇進、現在に至る。
7歳と11歳の子どもを育てる2児の母

 

~人を大切にする社風が昔から変わらない“えがおらしさ”~

-現在の仕事内容を教えてください

ご当地ショップ運営部の西日本エリアを担当しています。
ラピネスの育成を、店長を通してフォローしたり、ショップがより良くなる仕組みづくりなどを行っています。

-ラピネスの育成とは具体的にどのようなことをしているのでしょうか?

ラピネスと直接かかわる店長から、フィードバック方法など育成について相談を受けるので、それに対して解決の手助けを行っています。

-えがおに入社したキッカケは?

食を通して人を幸せにする仕事に携わりたいと思ったからです。「食べること」や「健康」は、人生における大事なテーマだと思いますし、私自身ずっと大切にしていきたいテーマだからです。
大学を卒業して半年後にえがおに入社しました。当時はコールセンター職ではなく一般職で募集されていて、採用後はまずお客様を知るということで、コールセンターの一般ラピネスからスタートしました。2年目に今でいう店長の仕事を任せていただきました。

-2年目でもうリーダーになっていたんですね

当時は全体で20人弱ほどのメンバーで、どんどん新しいことにチャレンジさせてくれる環境がありました。コールセンターに関する知識も少なく毎日手探りの状況でしたが、やりがいを感じることができました。その当時から人を大切にする社風はずっと変わらず、そこがすごく好きになったので、今まで続けられているんだと思います。

~部下の成長が自分の喜び。責任ある立場が自分の成長に繋がる~

-仕事をしていて嬉しいと感じることは何ですか?

部下ができなかったことができるようになるなど、人の成長を感じる時です。ラピネスがはじめてラポール(お客様との絆を深めるお手紙)を書いてお客様に気持ちが通じたときや、お客様に応対を褒めていただけたときは、私も嬉しくなります。毎日嬉しい出来事はありますね!

-では反対に辛いことは?

辛いということとは少し違いますが、上に立つポジションでもあるので厳しさを求められているし、やらなければならないという自覚もあります。私次第で自部署や会社全体が左右されるんだという責任を感じています。でも、それも成長に繋がると捉えているので、時間がかかることもありますが、辛いとは感じません。

-残業はありますか?

ほとんどありません。あっても30分ぐらいです。自転車で帰るので19時には家にいます!

~ありのままの姿で子どもと向き合いながら、働く楽しさを伝えていきたい~

-家庭と仕事の両立のために工夫していることはありますか?

家では色んなことを我慢しません。子どもにも取り繕わず出来ないことは出来ないと言うし、思っていることもしっかり伝え、良いお母さんでいようとし過ぎないようにしています。昔、良いお母さんでいようとし過ぎて、仕事でも上手くいかない、家でも良いお母さんができないと思って辛くなった時期があったんです。その時から子どもにもありのままでいようと思いました。

-それは1人目のお子様のときですか?

2人目が産まれてからですね。1人目を産んだ時は早く仕事がしたいと思って7ヶ月ぐらいで復帰したんですが、もう2人となるとてんやわんやで、どうしようもないから完璧になんて出来ないと思いました。
その時ちょっと心も体も疲れて、はじめて自分と向き合ってみてたんです。自分がどんな人間なのか、何をしたいのか、子どもとどう付き合っていきたいのか。。。じっくり考えることで、気持ちや考え方が変わりました。すごく無理をしていたんだということに気づきました。

-それから我慢しないように変わっていったんですね。では両立のために特別に意識していることはありますか?

会社に来る時と帰る時にきちんとスイッチの入れ替えをすることです。会社にいる間に120%オンでやり切るようにしています!

-週末も全く仕事はしませんか?

お客様第一の仕事ですので、全くしないことはないですが、緊急時以外は日曜の午前中だけ、など時間をしっかり区切ってやっています。

-仕事をするお母さんの姿を見て、お子様から何か言葉をかけられたことはありますか?

子どもからいつも手紙をもらうんですが、そこにはいつも「お仕事を頑張って、ご飯を作ってくれてありがとう」って書いてくれるんです。それを見ると、仕事をしている私に子どもなりにプラスのイメージをもってくれているのかなと感じます。ご飯を作っている姿は、これで良いのかなとは思いますが(笑)。仕事は辛くてきついものではなく、楽しいものなんだよというのを伝えたいと思っています。

-会社の制度で一番ありがたいと感じるものは?

学童です!いま娘は5年生でえがおの学童はとても楽しいみたいです。帰りがけいつも嬉しそうに話をしてくれます。親としては会社にいる安心感は非常に大きいですね。
あとは時間休です。子供の急な発熱や、学校が早く終わる日などに利用しています。

-時間休は取りやすい雰囲気ですか?

事前に共有しておけばフォローしてくれる体制があるので、とても取りやすい雰囲気ですよ。

-今後の目標を教えてください

「日本一のコールセンターをつくる」「お客様に一番喜ばれるコールセンターにする」それしかないですね!
今は、まずラピネスの応対を日本一にすることに注力しています。また、環境面やスキルアップの点でえがおでずっと働いていきたいと思える仕組み・制度を、ショップ発信で創っていきたいと思っています。

INTERNSHIP

今だからこそ感じられる刺激、不安、可能性ーーー。
その一つひとつを力に変え、成長していく自分をえがおのインターンで体感してください。

インターンシップ詳細はこちら!