STORYお客様との絆ストーリー

お客様との絆ストーリー

エピソード02

折り鶴なんて、子どものころ以来ね

奥様とともに、病と闘うお客様とのエピソード

えがおの商品を愛用してきた私たち夫婦。
あるとき妻が、がんと診断され、入院することに。
えがおさんには、二人分を一人分に変更する
なんともさびしい連絡を入れました。

丁寧なお見舞の言葉をいただいた後に電話を切ると
妻との記憶がよみがえりました。
これから闘病生活を強いるしかない、
非力な自分の情けなさに、男泣きに泣きました。

夫婦のイラスト

後日届いたのは、えがおさんからの
励ましの手紙と、小さな折り鶴。

数日後届いたのは、えがおさんからの
励ましの手紙と、小さな折り鶴。
見ず知らずの私たちのために、
こんなに励ましてくれる人がいると思うと、
涙が止まりませんでした。

折り鶴を病床の妻に見せると、
細くなった手に取り笑ってくれました。
「折り鶴なんて、子どものころ以来ね」

それから妻は時折笑顔を見せるようになりました。
今は退院後の旅行先が話題のひとつ。
毎日妻の笑顔が見られること。
それだけで私は幸せを感じています。
ありがとう、えがおさん。

折り鶴

STORYお客様との絆ストーリー

ENTRY

えがおを変える新たな風になるのはきっとあなたの個性です。
「業界NO.1」を実現するそんなあなたの挑戦をお待ちしております。

単独説明会はこちら!